FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザにならない方法

インフルエンザ、だいぶ終息してきたかなぁと思いますが、今日は私が実践しているインフルエンザにならない方法を開示いたします。
①キエルキン
非常に多用していますす。次亜塩素酸ナトリウム水溶液ですね。詳細は以下。
キエルキン
空間洗浄、食器、手洗いなどに1日500㏄くらいは使います
②加湿器
やはり乾燥は敵です。
③換気
1時間に1回くらいやります。
④嚥下
水でも良いのですが、私はカテキンウォター(またはお茶)を飲んでいます。20分に1回喉を潤す程度で大丈夫です。
⑤半身浴
1時間ほど入ります。体温を上げるようにします。
⑥免疫アップ
運動と免疫をアップさせる食材を摂るようにします。そして身体を冷やさないようにすること。

だいたい以上の6つです。これでここ8年くらいはインフルエンザには罹っていません。風邪になっても寝込むことはありません。
スポンサーサイト

気づかせる

物事を習得しやすい状況をつくるには、教えるのではなくいかに自分で気づけるかが大事です。
自分で気づいたことは教えられたことより定着率が高いです。

将棋の故大山康晴十五世名人はアマチュアの指導に定評があったといいます。
指導対局では、相手に有利な局面にわざと導き、好手が出やすいようになさったそうです。そうしておいて、「あっ、飛車があったか・・・」などと独り言をつぶやいたとか。独り言を装って、さりげなく相手に「次にいい手があるよ」「よく考えてね」と伝えたわけです。

こういう工夫を、教える立場の人は常に考えなくてはいけません。

メタ認知能力

宿題をやらない子どもは、メタ認知能力が低い。

本音を言うと、宿題なんかなくてもいいと思います。まあ、でもなくならないでしょうから、うだうだ言わずにさっさとやっちゃうのが正しい取り組み方です。宿題なぞに、長い時間かかずりあっているのは時間が勿体ないです。嫌だ嫌だ言ってる暇があったら、早く終えて遊んだ方がいいのです。
という構図を理解できるかどうか? それがメタ認知能力です。それを理解している子は、パッとかたずけて遊んでいます。

震えるような体験

花まる学習会の高濱先生の言葉です。
「私の経験上、心の底から震えるような体験をした人は、くだらないことをしなくなります。深い感動を知っていると、つまらないことをしたくないって思いますよ」

すごく共感しました。
なんで、この子はくだらないことばっかりやるんだろう?
くだらないことをくだらないと思える経験値がないんですね。
ゲームばっかりしてる子も、リアルでの感動体験が少ないんです、きっと。小学生のうちに、どれだけ子どもと感動できる大きな体験ができるかどうか。将来に関わります。

全体を見る

学校や習い事などで、自分の子どもしか見てない人がいます。
運動会で子どものアップばかり撮影してるような親です。
自分の子どもはかわいい。大事だ。でも、もっと全体を見ないと。
全体のクオリティを上げようという目線を持たないと、自分の子どものクオリティも上がらないのです。
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。