FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども特有の才能

どうも話が通じない、という時があります。何を言っても聞いてくれない。何なんだ、この子は? と思ってしまいがちですが、こういう時は、大人のコミュニケーションに問題がある場合があります。

子ども特有の才能一つに「自分にとって不利益な情報を瞬時にシャットダウンできる」という力があります。この人の話は聞きたくない、と思うとその人の声は聞こえなくなるのです。同じ人でも、この人のこういう類の話は聞きたくない、というモードに入ったらその時点でその人の話はシャットダウンされます。
これは、ストレスに弱い子どもの特殊能力のような気がします。または、危険の多い現代の子どもの護身能力かもしれません。ネガティブな大人・ネガティブな発言から、こうやって子どもは自分の身を守るのです。
大人は、子どものその特性を考えて話をしなければいけません。それには、まず受け入れられることです。この大人は自分にとって有益である、と判断されることです。その前提がない限り、子どもは大人を受け入れません。

子どもを説得するには三段階が必要になります。
1)まず受け入れられること。味方であると思ってもらうこと。この大人の話はタメになると思われること。
2)その次に、注意や矯正してほしい点を挙げます。これは命令ではなく、お願いまたは推奨であることが大事です。
3)そうすると、もっといいことが起きることを伝えて後味をいいものにします。

以上です。
面倒くさいですよね?(笑)
でも、これをしないと今の子どもは付いて来てくれません。
教育の仕事が重労働と言われるようになったのは、こういう側面もあります。
スポンサーサイト
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。