スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許可を求める子

アフタースクールの日常の中で、何かをしたい時許可を求めてくる子がいます。
「ボール遊びしていい?」「積み木やっていい?」など。いまそれをしていいタイミングなのかどうか量りきれないということなのでしょう。この推量の感覚がちょっとずれている子がいます。明らかにダメな時に「野球していい?」とか。いやいや、みんな今おやつ食べてるよね? という話です。さらに、許可を求めるまでもないのに許可を求めてくる子もいます。「水飲んでいい?」とか「トイレ行っていい?」とかです。プログラム中はこういう配慮は必要ですが、自由時間でも細かに許可を求める子がいるのです。

賢さのひとつの定義に「正しく状況判断が出来る」というのがあると思います。
状況判断力は自分のアタマで考えるクセをつけないと育ちません。
いつも、お母さんに訊いているんでしょうか?
お母さんにお伺いを立てないと怒られるのでしょうか?
そんな家庭の中が垣間見えてくるようで、ちょっと怖いです。

自分のアタマで考えるということは、それに基づいた行動を取った時、その責任も自分で負う、とういうことなのです。
子どもには責任が取れない・取らせないではなくて、自分の行動に責任を取らせることを習慣づけたほうがいいですね。
宿題をやらずに先生に叱られたら、それは自業自得です。
宿題をやれって言わなかったお母さんが悪い、などと言っている子がいそうです(笑)。
スポンサーサイト
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。