FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力アップ法?

子どもが(赤ちゃんが)よくいろんなものを口に入れるのは、この時期、口の感覚が最も鋭敏だからだと言われます。でも、お母さんは気が気ではありません。「あー、それなめちゃダメー!」「汚い! やめなさい!」誰でも一度は言ったことがあるでしょう。
この傾向が小学2~3年まで続くようですね。2年生・3年生でも、みんなが使ってる遊具などをなめる・口に入れる子、落ちた食べものを構わず口に入れる子、はたまた足の爪を噛む子、鼻くそを食べる子・・・。安心してください。小学2・3年なら普通です。

しかし、「汚い」と感じる衛生的な感覚はどうなっているんだろうと疑問に思います。大人が、それは汚いものだと、いくら教えても無駄です。ある時、こういうことは、もしかして必要な行為なのかな? と思いました。

これによって、子どもは免疫力をアップさせているのではないか?

分かりません。仮説に過ぎません。でも、清潔・衛生に気を配り過ぎた大人が子どもを無菌状態にして、そのことが逆に子どもの免疫力を下げ、若くして花粉症になったり、様々なアレルギーを引き起こしたりしている医学的な考察もあります。
それに対して、子どもは本能的に抗って汚いものを身体に取り込んでいるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。