FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ズルをする子

ときどきゲームをして、勝った時・クリアした時にご褒美を上げています。しかし、私の目を盗んでズルをして勝とうとする子がいます。ズルをして勝っても面白くなかろうに、と思うのですが。
ご褒美が欲しい、という一点なのでしょうが、なぜズルをしてしまうのか考える必要もあります。
一つ考えられるのが、「プロセスを大事にされていない」ということはあると思います。世の中全体に「結果主義」ですから、プロセスはともかく、結果が出ればOKという雰囲気が蔓延しています。その雰囲気は確実に子どもの世界にも伝わっているのです。
子どもの悪い部分に関して、子どもだけが悪い、ということはありません。大人の悪い部分が確実に子どもにもうつっているのです。
スポンサーサイト

母親と男の子の関係

母親にとって男の子は理解しがたい生き物のようです。しかし、男の子は母親次第でどうにでもなります。学力、体力の前にコミュニケーション力をつけるために、母親がすべきことは、子どもの喜怒哀楽に対するミラーリングです。子どもが喜んだときに一緒に喜ぶ、嬉しいときも一緒に、悲しいときも一緒に。このミラーリングをしないと、子どもは母親に受け入れられてないと感じ、自己肯定ができません。自己肯定ができないと友だちがつくれません。友だちがいない子は、学力も、体力も低くなって当然です。
うちの子は何を考えてるのやら? と途方に暮れないで、男の子になったつもりで一緒に遊んだり、運動したりしてください。女の子とお母さんなら、着飾って一緒にお出かけもできますが、男の子が生まれたお母さんは、そういう運命です。諦めましょう(笑)。野球やったりサッカーやったり、泥まみれも厭わず遊んでください。お父さんと遊ぶのとは、また違うんですよ。
母親との関係が良い子は必ず伸びます。
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。