FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの体温

『医者いらずの食』『医学不要論』『一日3食をやめなさい』『不自然な食べ物はいらない』など興味深い著書多数の内海 聡医師。医学界からは異端児扱いされているようですが、なかなか真理を突いていると思うので、ブログなどよく拝見しています。
以下、内海医師の記事から転載
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子どもの体温

子どもに限りませんが現代人の問題点の一つが低体温です♪。たとえば昭和30年までの正常体温は0~6歳は38度台・6~12歳は37度台・12歳以上は36度台であったのですが、最近は35度台の人が増えましたね♪。37度あると微熱がある、38度台あると病院に駆け込んだりしてるアホ親だらけですが、本来はそれが子どもの正常な数字です♪。低体温だとウイルスや細菌がはびこりやすく、その対抗策のために免疫機構が完成していない子どもは体温が高い傾向にあるわけです♪。

39~40度の発熱でも、子どもの意識がしっかりしていて元気であれば何の心配もありません♪。問題はその熱よりも解熱薬や下痢止めや咳止めの方です♪。そして低体温になる原因はいろいろありますが、一つは夏物の野菜ばかり食べていること、一つは小麦モノばかり食べていること、一つは空調の使い過ぎ、そして最後は厚着になります♪。昔は暖衣飽食は病の元といい薄着の価値が言われていました♪。そもそも野生動物は服など着ないし、本来は人間も防御ばかりしていれば体は弱くなるのです♪。
子どもが低体温だと元気に動けない、脳の働きが弱い、免疫力低下など様々な問題を引き起こします。また他にも真弓定夫さんなどがよく言われていることとして、外遊びをしないこと、紙オムツ・冷たい物甘い物の食べ過ぎ、牛乳を取ること、などが低体温に関係するとされます♪。素足で過ごすことも重要であり、靴ばかりはかないで草履や下駄も活用することなどもよく言われます♪。大人でもこれは同じであり同じ対策をすることで体温の上昇が期待できます♪。昔の人が乾布摩擦するのにもちゃんと意味があったということなのです。
………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上。
出来ると思ったことは、実践したいと思います。
スポンサーサイト

ネガティブな言葉は届かない

自転車で往来を走っていると、小さい子を連れたお母さんが「○○ちゃん、自転車来る! 危ない、こっち来て!」と叫ばれることがあります。私はべつによそ見もしていませんし、その子が目に入っています。走行進路にいるからと言って、その子をはねたりもしません(笑)。
最近の親御さんは自分のお子さんに対して”防衛過剰”な面があります。
たしかに、不審者は多いし、暴走する車両もあるし、”子どもを守れるのは自分だけ”という意識が強くなっているのでしょう。

保育や教育の現場でもそういう事例が多くなっていると思います。
うちの子はきちんと見てもらっているのだろうか?という疑念が大きくなり過ぎて、何かトラブルが起こっても、自分の子は悪くない、結果的に自分の子が加害者になったとしても自分の子をそうさせた他の子、環境、または注視を怠った管理者側に責任ある、といった態度の親御さんがいらっしゃいます。
”防衛過剰”な精神からは、それも仕方がないかもしれません。

本来、人はネガテイブな情報から耳を塞ぎ、自分に都合の良い情報しか受け取らないという「正常性バイアス」という心理を持っています。
原発が爆発した⇒でも大丈夫だろう⇒全てコントロール下にあるから、というように、自分にとって都合の良い情報のみ信じる傾向です。

我々の現場でも、そういうことがあるわけです。うちの子はそんなことしない、そんな子じゃない、とネガティブから耳を塞ぐ親御さん。でも、子ども、いえ人間には多面性があります。大人でも、家にいる時、仕事の時、遊んでいる時、すべて”同じ顔”という人はいません。子どもも、異なった環境では異なったキャラクターが出てくることがあります。
でも、百言を労しても、そういうことは親御さんには通じません(笑)。”自分の知らない子ども”の存在を、親は認めようとしません。

であれば、通じない”ネガティブ”は封印して、ポジティブだけで会話するほうが、届くし、生産的だし、ストレスもないし、態度変容も可能になります。
子ども自体もそうです。悪いところ、直してほしいことを言っても届きません。いいところ、伸ばしてほしい面を言うことのほうが、素直に聞いてくれます。

結局、人は誉めることでしか変わらない、という思いが、最近ますます強くなっております。

プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。