スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功の秘訣は、暖かな人間関係

成功するかどうかは、頭の良し悪しより「暖かな人間関係が築けるかどうか」だそうです。

(以下 THE HUFFIINGTON POST より引用)
ハーバード大学が75年間をかけ、268人の男性を大学在学時から追跡し、IQや飲酒の習慣、家族との関係など、あらゆる角度から研究した結果についてご紹介します。

■仕事で成功するのに重要な要素は?

一般的には、「頭が良ければ成功しそう」というイメージがありますが、ハーバード大学の同研究によれば、仕事での成功とIQはあまり関連がないようです。具体的には、IQ110~115の男性の間とIQ150以上の男性を比較しても、収入の差はほとんどない、という結果が発表されています。

しかし、「暖かな人間関係を築けているか」という検証項目について高得点だった男性58人の年収は、平均して年間14万1000ドル(1440万円)と高く、強い相関関係があるという結果となっています。また、「暖かな人間関係」を築けている男性は、そうでない男性に比べ、専門的分野で成功を収めた人が約3倍もいたとのことです。

確かに、成功も規模が大きくなればなるほど、多くの人の協力を得る必要が出てきます。また、年齢が上がるにつれ、個人的なパフォーマンスよりも、チームを率いて成果を出すマネジメント能力やリーダーシップが重視されるようになるので、多くの人が協力してくれる「暖かな人間関係」を築ける能力の方が、IQや個人的な能力の高さよりも重要度は増していくと考えられます。

■幼少期の母親との「暖かな人間関係」はとても重要

また、同調査は、幼少期の母親との関係と年収の相関関係についても指摘しています。幼少期に母親と暖かい関係を築けていた男性は、そうでない男性と比べ、なんと年収が平均8万7千ドル(約890万円)も高いそうです。

対人関係の第一歩は母親との関係と言いますが、子供の頃の母親との関係は、大人になった時の人間関係や健康にも大きく影響し、それによって年収にも差が出るということが、この研究結果から示唆されています。

さらに、幼少期に母親との関係が乏しかった男性は、歳をとってから認知症にかかりやすいという傾向も報告されています。既に結婚し、乳児~幼少期のお子さんがいらっしゃる女性の方は、お子さんの未来に大きく影響することを意識し、ぜひお子さんとのふれあいの時間を確保するようにしてください。

■女の子は父親のスキンシップで「男を見る目」が養われる

子供が女の子の場合は、父親との関係が恋愛に影響を与えます。アメリカの心理学者、フィリス・K・デイビス博士の著書『パワー・オブ・タッチ』によると、子供が女の子の場合、父親が乳幼児から愛情を持って触れていると、「愛情があって触れてくる男性と、そうではない男性とを区別できるようになる」とのことです。

「いつもダメな男とばかり付き合ってしまう」という女性は少なくありませんが、もしかすると、上述のように父親とのスキンシップが少なく、「愛情があって触れてくる男性とそうでない男性」の見分けがついていないのかもしれません。

「娘が将来、ダメ男に引っかからないか心配」という、娘を持つお父さんも多いかと思います。もしそう願うなら、女の子が赤ちゃんのうちからスキンシップをたくさんして、「見る目」が養われるようにしましょう。

■何より大切なのは「人間関係」

以上、ハーバード大学の大規模、かつ長期におよぶ研究結果と、『パワー・オブ・タッチ』の記載事項についてご紹介しました。これらの調査結果が示すのは、「周囲の人と暖かな人間関係を築ける人」があらゆる意味で成功する、ということと、子供をそうするためには、親が幼少期に子供としっかりとした関係を築いたり、スキンシップをすることが重要のようです。

競争が激しい現在の市場環境では、どうしても「勝ち残るためには、他人を蹴落としてでも...」というような気持ちになりがちです。しかし、長期的にみると、そのような野心的な姿勢よりも、「周囲と暖かい関係を築こう」という姿勢の方が、成功するためにはより重要です。パートナーとして選ぶ場合も、もちろん「暖かい関係を築こう」とする人を選んだほうが、幸せになれる確率は高いのではないでしょうか。

また、忙しいとどうしても子供とのふれあいは少なくなりがちですが、子供の将来にとって、両親との関係は大きな影響を与えます。なるべく時間を割き、子供と暖かなふれあいの機会を設けるようにしましょう。
スポンサーサイト

変な人 怪しい人 危ない人

最近は、不審者情報が多いですね。しかし、子どもにとって「不審者」とは一体どういう人を指すのでしょう?
不審者と一概に言っても種類があります。分類すると、「変な人」「怪しい人」「危ない人」に分けられます。

変な人は、その場所に・その時間にピッタリ来ない人。何かよく分からないけど、違和感を感じる人。
怪しい人は、誰かを狙っていると思われる人。恐怖を感じる人。
危ない人は、明らかに危害を加えようとしている人。身の危険を感じる人。

変な人がいたら、とりあえず距離を取ります。話しかけられても手が届かない距離で応対します。話しかけられた時、応対するかしないかは議論が分かれますが、「こんにちは、って言ってるのに何で返さないんだ!」と因縁を付けられる可能性があるので、挨拶されたら返した方が無難です。でも、その時立ち止まる必要はなく、距離を取り、進む方向を見ながらやや速足で立ち去ります。さらに、追いかけられたら、防犯ブザーを鳴らす、大声を出す、お店や大人に助けを求めることです。
そして肝心なことは捕まらないこと。データでは、誘拐犯などは20m逃げられると追いかけるのを諦めるそうです。だから、とにかく20m逃げ切ることを目標にしてください。その時、荷物が邪魔なら捨てても構いません。荷物に住所や名前が判別できるものがあったとしても、それを奪って犯行を再計画する確率は低いそうです。子どもを襲う犯行は、ほとんどが突発的に行われる、というのがその理由です。

育児に疲れたら

赤ちゃんの頃の写真を見て、その当時を振り返りましょう。その頃、どんな思いで育児に接していたか、初心を思い出しましょう。まだお子さんが赤ちゃんという方は、生まれた瞬間を、生まれたその日を思い出しましょう。
余所の赤ちゃんと触れあうことでも、育児の初心に返ることができます。

なぜ勉強をするのか?

勉強は、よく生きるためにするのです。

人間が大人になって社会生活を営む上で、いくつか身に付けなければいけない能力があります。理解力や記憶力、想像力がそうです。それらの能力を鍛錬するための素材として”勉強”があるのです。だから、微分積分なんかやっても使わないし~、ということではないのです。
国語・算数・理科・社会を学ぶことなく、理解力・記憶力・想像力などが鍛錬されるなら、それでもよいかも知れません。でも、”それが何か”明確な答えはまだありませんし、統計的に学校でやる勉強が、能力の涵養になると周知されているので、みんな”勉強”をするのです。

勉強して、身に着いた理解力・記憶力・想像力は知性となります。知性はまた、倫理や道徳と強く結び付きます。そうやって、それらの能力は総合されて「よく生きる」ために必要となるというわけです。

気分がよくなる12のこと

ほほえもう。ほほえむと気分が落ち着きます。

笑おう。声を出して笑いましょう。気分が悪くても、笑っていると気分が良くなります。

本を読もう。本を読むと集中します。集中すると、気持ちが落ち着きます。

背筋を伸ばそう。背筋を伸ばすと、気持ちも伸びやかになります。

小さな瞬間を楽しもう。お茶を飲む、ご飯を食べる、きれいな花を見る、という瞬間を楽しもう。

感謝しよう。いま目の前にあること・ものに感謝しよう。感謝すると、その気持ちはいい感じになって返って来ます。

人のために何かしよう。親切もまた、いい感じになって返って来ます

誰かをほめよう。誰かをほめると、その人はいい持ちになります。そのいい気持ちも、いい感じになって返って来ます。

よく寝よう。ストレスを発散する最良の方法は、よく寝ることです。それ以外はありません。

自然に親しもう。ときどき、自然と波長を合わせてみましょう。動物もいいですね。

運動しよう。運動すると、心と身体の気の流れがよくなります。運動が苦手な人は歩こう。

旅行に行こう。旅行に行く、と決めたときから人間は幸せになります。
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。