FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタッフ採用の基準

運営が難しいと巷間言われる民間学童クラブ。その最大のネックはスタッフ(指導員)の確保だと思います。保育士や小学校教諭免許保持者には来てほしい。しかし、それらの資格があれば保育園や小学校の方が断然稼げる。つまり、優秀な人材を繋ぎとめるだけの待遇を与えられないことが問題です。
民間学童保育というのは、やはりまだ「ベンチャービジネス」です。その中で自分なりに「起業精神」みたいなものを培っていけるかどうか、が続けられる秘訣かもしれません。

それでもスタッフの応募は少なくありません。どういう観点で採用をしているか、を今日は開陳します。
まず第一に「コミュニケーション能力」です。こちらの質問に正面できちんと答えられるか、質問に対する答えが的を射ているか、ですね。次は「臨機応変」かどうか。子どもの対応は予測不能なことが多いです。その不測の事態におろおろしててはダメです。咄嗟の判断が必要になります。「臨機応変」かどうかは、突飛な質問をしたり、敢えて下足のことや座る場所について話さなかったり、時には玄関のカギを開けずにどうするか見ていたり(笑)します。
ある時、遅刻をしてきた青年がいました。1~2分なら時計が遅れていることもあるので許しますが、10分遅れていました。彼は道に迷って遅れたことを詫びましたが、面接せずに失格にしました。時間に遅れそうだったら電話すればいいのです。時間に遅れるかもしれない、遅れた場合どこに電話すればいいか、事前に調べておけば済む話です。道に迷いながら10分もウロウロしていた人に「臨機応変」を求められないので失格という訳です。
三つ目は「子どもにウケル人かどうか」。これは話していれば分かります。子ども目線でお話ができるかどうか、ということです。
ここで迷った場合は、実地試験をします。3時間ほど勤務体験をしてもらいます(もちろん有償で)。
これも、ある人の場合、子どもたちが入室してきたときに「こんにちは~」と声をかけたのに、次々と無視されてしまったのです。子どもは瞬間で、この人が「子ども向きではない」ことを察知しました。

採用の基準はだいたいこの三つです。これをクリアしていれば、資格とか学歴には拘りません。さらに望むのは、「全体を配慮できる」ことですね。一対一の対応だけなら楽ですが、全体を一度に相手しなければいけない時もあります。また誰かと相手している時に、遠くの誰かが何をしているか目の端で見れるか、声をきちんと聞いているか、重要なスキルです。経験がないとなかなか難しいです。以前、ベテランの元幼稚園の先生が居たことがあります。一人で15人までなら見れます、と言ってくれましたが、実際その通りでした。私自身も一度だけスタッフ二人が同時に休み、一人で15人見ていたことがありました。どうなることかと不安でしたが、やってみれば意外と出来たので、この時の経験は逆に自信になりました。人間、時々大きな負荷をかけないと成長しないということですね。

最後に、面接でこういう人はだいたい落とします。
「私は、子どもが大好きです!」と目をキラキラさせながら言う人(笑)。子どもを偶像化し過ぎる人ですね。こういう人は、すぐ疲弊します。子どもが嫌いではこの仕事は出来ないでしょうが、子どもも大人と一緒です。いい子ばかりではありません。かわいい子も、かわいくない子もいます(笑)。そういうことは、この仕事をする上で理解していてもいいと思います。
では、かわいくない子にはどういう指導をしているか? それはまた次回。
スポンサーサイト

取材していただきました!

p14053001
p14053002
「月刊レジャー産業」誌に”子育て支援ビジネス特集”としていおぎみんなの学校が2ページに渡って紹介されました。開業の想い、ビジネスモデルなどについての記事です。
学童保育の待機児童を減らすと国は言っていますが、区では児童館がなくなるなど全く逆の動きがありますね(笑)。
いずれにしろ、公設学童も民間委託に頼らざるをえなくなるでしょうし、民設民営の質の高い学童保育の需要も高くなると思います。
みんなの学校では、学童クラブ開業のご相談も承っております。

私をインフルエンザとノロウィルスから守ったもの

日々子どもと接触していると、いままでにない頻度で風邪を引いたりします。酷い時は毎月風邪を引いていました。
目の前で思いっきりクシャミとかされますからね(笑)。
しかし、この冬はこの二つのお蔭で何とか乗り切ることが出来ました。
2014032701
左が「キエルキン」、右が「ユーカリ茶」です。
キエルキンは次亜塩素酸でノロやインフルエンザウィルスに有効で、かつ弱酸性で手指にも使えるスグレモノです。手洗いの前にシュッシュっと指先にかけたり、食器やテーブルの殺菌、さらに加湿器の中に入れたりして空間にも使いました。ユーカリ茶も殺菌作用があるということで、飲み続けました。ただ、あまり美味しくはありません(笑)。
この冬、この二つがかなりの威力でウィルスや菌を撃退してくれたと思います。

学童クラブにはブラックボックスが多い

学童を考える会というサイトを運営している団体さんが、「勝手にランキング」ということで民間学童をランキングしました。1位は、あの「キッズベースキャンプ」というところは実績・規模として申し分ないでしょうが、2位が当施設「いおぎみんなの学校」となりました。
べつに取材を受けたわけでも、もちろん広告を出稿しているわけでもありません。なぜいおぎみんなの学校が2位なのか? 

・プログラムを毎日開催していること
・プログラムの内容がきちんと情報開示されていること

が理由だそうです。
そんなことも出来ていない他の学童クラブは・・・、と辛口なコメントでしたが、まあ、当たり前のことをしているつもりです。
自分の子どもを預けている施設で、何が行われているのか、親だったら知りたいに決まっています。それを毎日ホームページでアップしているだけです。

逆に言うと、「学童クラブ」にはブラックボックスが多いのです。英語やスポーツなど、プログラムを開催していると謳っていても、いつ、誰がそのプログラムをやっているのかよく分からないところがあります。いつもやっているような書き方で月に2回とか、専門講師ではなくスタッフがやっていたりとか。
学童クラブのなかには、料金さえ非公開のところがあります。それで、どうやって検討すればよいのでしょうね?

とにかく、学童クラブ開設にあたっては、ブラックボックスを出来るだけなくす、ということに重きを置きました。ということを決めれば、毎日ブログを更新することなんて、何てことはありません。

学童を考える会

はじめに

民間学童クラブ「いおぎみんなの学校」主宰の高橋和の助です。ここでは公式ホームページでは書けないこと、書き漏れていること、書いてもあまり意味のないこと、つまり公式ホームページのブログはいおぎみんなの学校の保護者に向けての記事なので、それ以外の民間学童クラブ開業を志す方、すでに開業していて運営に頭を悩ませている方、子どもたちにウケるワークショップ・アクティビティについてヒントが欲しい方、最近の子どものことについて知りたい方など子ども教育コンテンツに興味ある方向けのブログです。

高橋和の助は広告会社(アサツーディ・ケイ)で子ども関係のコンテンツ開発に従事。子どもにキャラクターなどを使って楽しく武士道を教えるコンテンツ「こども武士道」でキッズデザイン賞受賞。講談社から『こども武士道大切な教えの巻』『こども武士道今日から実践の巻』の二冊の著作あり。2014年学童情報サイトで民間学童ランキング第2位のいおぎみんなの学校を主宰。新渡戸稲生塾講師。コミュニケーションデザイナー。杉並区在住。二児の父。
プロフィール

和の助

Author:和の助
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。